在宅×求人サイト

【ワーママ向け】未経験でも挑戦しやすい在宅ワーク6選

悩むワーママ
悩むワーママ

これまで在宅のお仕事をやったことがないからできるか不安…
リモートワークが自分に向いているかもわからない…

未経験の方でも挑戦できる完全在宅のお仕事もたくさんあります!

あやまる
あやまる

この記事では、初めての方でも挑戦しやすい在宅ワークをご紹介していきます!

この記事を書いた人

✔働き方改革中のあやまるです!
✔6歳と2歳の子育て中のワーママ6年生
✔約9年勤めた大手企業を退職→個人事業主へ
✔現在、業務委託でオンラインアシスタント兼ディレクターを務める

完全在宅でできるお仕事

1.webライター

文章を書くのが苦痛じゃない方、活字を読むのが好きな方、いくらでも可能性はあります!
ライティングスキルは基礎を勉強したあとにひたすら経験して積んでいくことが1番かと思いますので、自分のブログなどで発信することから始められます。
そこからお仕事が広がったりポートフォリオになってくれたりもしますので、ライティングを習慣化して自信をつけておくことも大事です。

2.動画編集

私も1番最初に挑戦しようとした副業が動画編集でした。
今はSNS社会なのでこれからも需要は高まるでしょう。きっちり仕事にするならPremiereProを学ぶことがおススメです。しかし、専門学校などに行かなければ?と思うかもしれませんが、今は買い切りオンラインスクールなどもありますので手軽に学びやすくなっています。またInstagramのリールやTiktok向けのショートムービーの案件も増えてきているので、普段からスマホで編集するのが好きな人得意な人もそれを十分お仕事にすることもできます。

3.SNS運用代行

普段からSNSが好きでよく利用している人はイメージが湧きやすいかなと思います。よくある発信系のアカウントの投稿などを代行して作成運用するお仕事です。作成にはCanvaを使用されていることが多いです!Canvaはillustratorなどと違って素人でも簡単にクリエイティブな作品が作れてしまうので、使えるようになるとお仕事の幅も広がると思うのでおすすめです。今はSNSをお仕事にしている人も多く、軌道に乗ったアカウントの運用代行の案件が多くあり、挑戦しやすいお仕事かなと思います!

4.イラストレーター

イラストレーターの主な仕事内容は、クライアントの依頼に応じてイラストを制作し、提供することです。制作するイラストは、ポスターや商品パッケージ、Webサイトや雑誌の挿絵など身近なものが主ですが、最近は発信者が増えているのでアイコンのイラスト依頼の需要が伸びています!絵を描くことが得意という方は、今の市場に乗っかって副業から挑戦されるのも大いに可能性が広がること間違いなしです。アイコンなどの依頼はココナラで多く取引が行われているのでどんなイラストレーターがいるのかぜひチェックしてみてくださいね。

5.オンライン事務・秘書

オンライン事務や秘書は仕事内容でいうとあらゆる業務があります。言ってしまえば、依頼主が求めること全てです。例えば、会計、スケジュール管理、出張手配、資料作成、広報など幅広く依頼があります。依頼をくみ取る洞察力や先回りなどの対応力があるとより良いですが、リサーチをしたり、データ入力をするだけの単純作業の案件もあったりしますのでハードルとしては幅広いのも特徴です。得意なことが生かせる案件を選びましょう!オンラインアシスタントについてこちらの記事で詳しく説明していますので興味がある方はチェックして見られてください。

▼有名なオンラインアシスタントサービス「フジ子さん」はこちら▼
今話題のテレワークを使ったオンラインアシスタント「フジ子さん」のスタッフ大募集!!

6.オペレーター・テレアポ

受け手側のオペレーターのお仕事と、電話をかけるテレアポのお仕事に分かれます。
オペレーターの場合は、請け負うサービスにもよりますが暇なときは1時間近くかかってこないときもあるそうです。テレアポはお断りされること前提として、かけまくるメンタルが必要になりますので向き不向きがあるかなとは思います。
だからこそ、高時給の案件も実際多いですし、完全在宅というメリット、またシフトが調整しやすい、ことからワーママのワーカーさんが増えているようです! その中でもコールシェアというところは平均時給も1,400円を超え、6人に1人が月収10万円を超えるなど 「稼げる在宅ワーク」として多くの方が活躍しているようです!

在宅ワークで月収30万も可能!在宅コールセンターの「コールシェア」

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ご自身に合ったお仕事がどれかはなかなかすぐにわからないと思います。
私も今オンラインアシスタントをしておりますが、いろいろ寄り道もあったりしました。

大事なことは在宅ワーク=目的にならず、続けられる自分に合った仕事内容を選ぶことです。

まず転職サイトだったり、クラウドソーシングに登録されてどんなお仕事があるのか先に見られるのもいいですね。

リモートワーク×正社員に特化した転職エージェントというのもありますので気になる方はこちらの記事も見てみられてください!


まずは、少しずつ動き出すきっかけにしてくれると嬉しいです♪

  • この記事を書いた人

あやまる

働き方改革中のあやまるです!6歳と2歳の子育て中。 約9年勤めた大手企業を退職。 現在、個人事業主としてオンラインアシスタント業務の会社に業務委託で プレイヤー兼ディレクターとしてお仕事をやっています!

-在宅×求人サイト